首こりや股関節の歪みを整えるのには、
手首・足首を動かすのが良いとお伝えしましたが、
手首・足首が硬い方は「手の平の関節=手根骨」と「足の甲の関節=足根骨」を
動かしほぐしてあげると良いです。

靴を履く現代は、足の内部が固定される時間が多く、足根骨や踵を自由に動かすのが困難になっています。

動画の最後にある「踵-かかと-」の骨を動かす、というのはこの下の足根骨の画像内の「踵骨-しょうこつ-」という骨を小刻みに動かしています。

ホネラブBJ体操の最後にある「足首の体操」は、この足根骨を動かしています。

これらの骨をイメージするだけでも、足の動きが変わってくるので、意識的に動かしましょう。

ホネナビの本の抜粋記事です

関連動画