B子ちゃんB子ちゃん

最近お尻や太もも周りについた脂肪が気になります。
スクワットを日課にしていますが、ちっとも痩せません。
下半身太りと骨盤の歪みは関係あるのでしょうか?
それと、下半身痩せに効くトレーニング法を教えてください。

はるちゃんはるちゃん

こんにちは。

B子ちゃんは、お尻や太もも周りのお肉が気になっているんですね。

今回の記事では、骨盤の歪みと下半身太りの関係、下半身痩せに効果の期待できる簡単トレーニングをお伝えします。

下半身太りの原因は”股関節の歪み”にあり

下半身太りを気にされる女性はたくさんいますが、下半身が痩せにくい原因は骨盤にある関節の歪みからくる”巡りの悪さ”にあります。

上半身と下半身のジョイントとなる骨盤や股関節が歪むと、

  • 体液(リンパ等)の巡りが悪くなり浮腫みやすくなる
  • 血液の巡りが悪くなり冷えやすくなる

といった症状がみられやすくなります。
脂肪がつきやすくなるのも、これらの影響で代謝が落ちるからと考えられます。

他にも、骨盤や股関節が歪むとこの様な症状がみられます。当てはまる項目がいくつあるかチェックしてみましょう。

  • ぽっこりお腹や下半身太りが気になる
  • 太ももが硬い
  • お尻が垂れている
  • 足が浮腫(むく)みやすい
  • 足先や足首が冷えやすい
  • 腰痛がある
  • 股関節痛がある
  • 膝痛がある
  • O脚orX脚である
  • 肩こりや首こりを感じる
  • 猫背や反り腰など姿勢が気になる
  • おっぱいが垂れてきた
  • 生理痛が酷い
  • 生理がダラダラと続く
  • 性交痛がある
  • 尿もれがある
  • 冷え性である
  • 便秘しやすい

いかがでしたか?

これらは一見すると、骨盤や股関節の歪みとは関係ないように思われる症状もありますが、骨盤や股関節が歪むと、様々な不調が出やすくなります。
一つでも当てはまる方は、骨盤や股関節が歪んでいる可能性が高いので、歪みを改善する必要があります。

キツいガードルは要注意

下半身太りを気にして、キツめのガードルを履いて体型をカバーしようとする女性をたまに見かけますが、コレは絶対にNGです。

理由は、長時間キツく締めてしまうことで血行が悪くなり、代謝が益々悪くなってしまうからです。そうなると、脂肪がついてしまったり、浮腫みや冷えの症状が更に悪化してしまいます。

骨盤ベルトを活用しよう

とはいえ、体型が気になってオシャレが楽しめなくなるのは嫌ですよね。
キツいガードルはオススメできませんが、代わりに骨盤ベルトをオススメします。
ベルトを締める位置は画像のように、足の付け根あたりが良いです。ここに巻くと骨盤と股関節がキュッと締まってとても気持ちが良いですし、下半身の代謝アップも期待できます。

が、くれぐれも
・巻いた時に痛みを感じたらやらない
・長時間続けないように注意する
ご注意くださいね。

冬に太って、夏痩せる人は心配無用

私たちの体は、寒くなれば体温が外に逃げないよう脂肪を蓄えて保温しようとするし、暑くなれば冬に蓄えた脂肪を燃焼させ、体内に熱が貯まらないように冷やそうとします。コレは人間としての本能でもあるので、冬に太って夏に痩せるのは健康の証でもあります。

ぽっちゃり体型や下半身太りを気にされるのは無理もありませんが、冬に寒くなるとお肉がついて、夏に暑くなると痩せるのは、人間としての防衛本能がしっかり機能しているということでもあります。

なので、冬に太るのは過度に心配する必要はない様に思います。

股関節の歪みチェック

ここまで読んで気になるのは、ご自身の「骨盤&股関節の歪みは大丈夫か?」だと思います。
この記事でチェック方法を分かりやすく説明しているので気になる方は読んでみてください。

太もも痩せやお尻の引き締めにオススメのトレーニングは【股関節ほぐし】

骨盤や股関節の歪みが改善されると、様々な不調が改善されたり、姿勢が良くなったり、下半身太りなどのお悩み解消など嬉しいことばかりです。
ただ、「忙しくて整体などになかなか行けない」とか「自分で歪みを整えるのはハードルが高い」という方も多いと思います。
今回は、そんな方にも簡単にチャレンジして頂ける「股関節ほぐし」をご紹介します。

座ったままできるので、携帯で動画を観ながら、テレビを見ながらおこなってください。注意点としては、痛みを感じる時はお休みする。です。

あなたの魂がますます磨かれ、美しく光り輝いていきますように。
いつも応援しています。

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

あなアッパレ╰(*´︶`*)╯♡