B子ちゃんB子ちゃん

30代女性です。実は尿もれで悩んでいます。
以前からくしゃみや咳をしたときに軽く尿もれすることがありました。現在、産後1年近く経ちますが、咳・くしゃみだけでなく、赤ちゃんを抱っこしたりしゃがんでも漏れそうになります。

骨盤底筋トレーニングが効くと聞いたので、毎日スクワットをして鍛えていますが、ちっともよくなりません。
どうしたら良いでしょうか?

はるちゃんはるちゃん

こんにちは。
私のセミナーを受講してくださる生徒さんから、このような質問を受けることがよくあります。
尿もれに悩んでいる方は意外と多く、現代では10代から、他人に気づかれないよう一人で悩んでいる女性は決して少なくありません。

実際、この私も産後何年かは尿もれに悩み、子供の紙オムツを下着にあてて凌いだこともあります。

この記事では

トレーニングをしても尿もれが解決されない女性に向けて、その理由と対策をお伝えします。

尿もれはどうして起こるの?

尿もれは私たちの骨盤の底にある、”骨盤底筋群”という筋肉の集団の機能が低下し、これらの組織が尿道口を締めることが出来ずに、尿意を感じなくてもおしっこが漏れてしまうことで起こります。

ヨニちゃんヨニちゃん

この下の図の赤い部分が骨盤底筋群だよ。
骨盤底の内側にあり、ハンモックのような形をしていて、骨盤内の臓器を支えたり、<尿・便・経血>の排泄をコントロールするなど、大切な役割を担っているよ。

骨盤底筋群の機能低下が、様々なトラブルを引き起こす。

この骨盤底筋の機能が低下すると、尿もれの他にも、ぽっこりお腹・便秘・肩こり・腰痛・O脚・坐骨神経痛・猫背などを引き起こします。

さらには、膣口から子宮の一部が飛び出てしまう子宮脱などの臓器脱が起きてしまうことも・・・。

また、「尿もれは恥ずかしい。」という気持ちから、他人に知られたくない、気づかれたくないといったストレスが蓄積されるので、メンタル面にも悪影響を与えます。

骨盤底筋群のメンテナンスは、美しいボディラインと健康な身心を維持する為にとても重要なのです。

繰り返される尿もれは、筋肉を鍛えるだけでは解決しない。

さて、本題に入りましょう。

何故、B子ちゃんは骨盤底筋のトレーニングとなるスクワットを行っているのに、尿もれが改善されないのでしょうか?

結論から言うと、スクワットなど一定方向にしか動かさないトレーニングでは、いつも決まった筋肉しか鍛えることができません。その為、尿道口を締める筋肉はいつまで経っても弱いままなので、尿もれが改善されにくいのです。

はるちゃんはるちゃん

骨盤底筋群は9個の小さな筋肉が3層になってついている筋肉の集まりです。(下図参照)

この9個の筋肉全体をまんべんなくトレーニング出来れば良いのですが、スクワットのような一定方向(上下方向)にしか動かさないトレーニングでは、使う筋肉と使わない筋肉の差が出てきてしまいます。

そして、この使う筋肉と使わない筋肉の差=バランスの崩れが「歪み」となります。

この歪みを放ったままトレーニングすると、日常よく使う筋肉ばかりが鍛えられ、使わない筋肉は弱くなる一方なので、骨盤底筋群のバランスは崩れてしまいます。

つまり、歪みを放ったまま筋トレをしても、骨盤底筋群の内の尿道口を締める筋力の機能が改善されないままだから、”尿もれ”も改善されにくいのです。

このような方は、筋肉を鍛えても改善するどころか、使わない筋肉が余計に硬くなり、悪化してしまう場合があります。

はるちゃんはるちゃん

筋肉や関節など骨格バランスの崩れを無視したまま筋トレをしても根本的解決にはならないのです。

筋トレしても尿もれが改善されない人のやるべきトレーニングはこれ

ここからは解決策をお伝えします!!

B子ちゃんのように、筋トレをしても尿もれが改善されない方は、骨盤全体をまんべんなく動かす骨盤トレーニングをオススメします。

一番下にリンクした動画(表示が長くてゴメンナサイ)はタイトルに「膣トレ」とありますが、骨盤をまんべんなく動かせる万能体操なので、是非お試しください。

「お尻の穴をキュッと締める」は絶対にやっちゃダメ!!

私は自分の生徒さんに、「お尻の穴を締める骨盤底筋トレーニングは絶対にやっちゃダメ!」と言っています。

このお尻の穴を締めるのも、骨盤底筋群の一部分にしか負荷がかからないので、スクワットと同様に使う筋肉と使わない筋肉の差が出てきてしまいます。

さらに、骨盤のお尻側には「仙骨」と言う重要な骨があって、この仙骨の周りには自律神経や脳脊髄液が流れています。必要以上に力を入れすぎるとこれらの流れが圧迫されて、頭痛・めまい・腰痛・首こりといった不調がだやすくなります。

仙骨は頭蓋骨の中にある蝶形骨という骨と、背骨を介して繋がっています。

だから、やみくもにお尻の穴に力を入れ過ぎると、骨盤→背骨→頭蓋骨まで歪めてしまうから、とっても危険です。

そもそも、骨盤底筋のトレーニングはキュッと締めるほどの力を必要としません。

まとめ

  • 尿もれは、”骨盤底筋群”という筋肉の集団の機能が低下することで起こる。
  • 骨盤底筋の機能が低下すると、尿もれの他にも、ぽっこりお腹・便秘・肩こり・腰痛・O脚・坐骨神経痛・猫背・臓器脱などのトラブルを引き起こす。
  • 繰り返される尿もれは、筋肉を鍛えるだけでは解決しない。
  • 歪んだままの骨格で筋トレしても、骨盤底筋群の中でも尿道口を締める筋力の機能が改善されないから、”尿もれ”が改善されにくいです。
  • 「お尻の穴を締める膣トレは絶対にやっちゃダメ!」
  • 整体に行く暇がない人は、まんべんなく動かす骨盤トレーニングがオススメです。

丈夫でしなやかな骨盤底筋群をつくり、
尿もれに悩まされない健康な身心を手に入れましょう。

骨盤全体をまんべんなく動かす骨盤トレーニング動画

あなたの魂がますます磨かれ、美しく光り輝いていきますように。
いつも応援しています。

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

あなアッパレ╰(*´︶`*)╯♡